できる男は風俗で楽しむ

ホテルの電気が肝だったのかも

デリヘルでKちゃんと遊んでいた時の子と、停電というか急に部屋の電気が切れたんです。既に夜だったのもあって、部屋そのものが真っ暗になってしまったんですよ。後で聞いたらホテルなのにブレーカーが落ちたと。それは消費電力じゃなくて人為的なミスだって言っていたんですけど、でもその真っ暗になった数分間がかなり刺激的だったんです。だって風俗で真っ暗になるようなことってあまりないんですよね。しかも相手が見えないくらいの真っ暗闇。昼間だったら部屋に太陽の光が紛れていたと思うんですけど、暗いのでもはや相手の風俗嬢がどこにいるのかさえ分からないレベル。でも、それだけ暗闇だからこそ楽しめたというのはあります。何せそんな展開は初めてなんです。暗さに紛れていろいろなことをしちゃいましたね(笑)暗闇がもう数分続いていたら、暗闇の中でそのまま発射してしまったんじゃないのかなって思うくらい、暗闇になってテンションが高まりましたよ(笑)

ある意味、とっても安心感がある

ホテヘルは風俗の中でも安心感があるかなと。他の風俗が安心できないって意味じゃないですよ(笑)ただ、ホテヘルって女のことはお金のやりとりをしないじゃないですか。お店と同じですよね。でもホテルというプライベートでのプレイになりますので、完全に二人きりだし、お金と言う余計なことを考える必要もないので、自分の好きなように楽しむことが出来るのもまた、ホテヘルの魅力なんじゃないのかなって思いますけどね。ホテヘルって割とマニアックな風俗のように思われているかなと。それはジャンルがというよりも、単純にホテヘルの件数そのものが少ないだけだと思うんですよね。ポータルサイトでも分かりますけど、デリヘルの掲載件数って圧倒的じゃないですか(笑)「デリヘル以外無いのかな」と思ってしまうような所とて決して珍しくはないので、ホテヘルがマニアックな存在になってしまっているのも分からない話ではないんですけど、それはそれで面白いですよ。