できる男は風俗で楽しむ

モチベーションが高くなる風俗街

風俗街を歩いているとその気はないけど、どんどんモチベーションが多久なっていくなと言うのは分かるんですよ。何でそこまでモチベーションが高くなるのかまでは自分でも良く分かりませんけど、ワクワクしてくるんですよね(笑)あのネオンの光がこちらをより楽しませようとしてくれるってことなのかもしれません。それだけに、風俗で遊んでいると自分の気持ちがいろんなことになっていくというか、ついついお店に入ろうかなって気持ちになってしまうのはありますね。それに風俗街のネオンって適当なようで結構計算されているんじゃないのかなって思うんです。だって音雄を誘惑するものじゃないですか(笑)あれを見ているだけでこっちとしてもついつい楽しみたいというか、これは楽しまなければ損だろうって気持ちにさえなってくるんです。そんな気持ちになるのって風俗がいを歩いている時だけだと思いますので、何気にとても貴重な時間なんじゃないのかなって思いますよ。

時間によって戦略を考えますよ

時間…何分コースなのかによってもまた、やっぱり戦略って変わってくると思うんですよね。自分も常に同じ時間で風俗で遊んでいる訳じゃないんです。時間的な余裕やお財布と相談した上で、何分コースが良いのかを模索しているんですけど、短い時と長い時とでは当然ですけど同じ戦略ではないと思うんですよ。風俗嬢と距離を縮めたいって思っても、短時間ではそれ以上に快感だけを重視した方が良いと思いますしね。逆に長時間であればコミュニケーションをじっくりと深めた方が、相手への信頼感も出ますし、相手もこちらに対しての警戒心や恐怖心を解いてくれるんじゃないかなって思いますので、そのバランスをどのように考えるのかって部分ですよね。こればかりは本当に難しいと思いますけど、自分が思うのはどちらにせよ中途半端になるのが一番勿体ないので、短時間なら快感だけと割り切って遊ぶようにしています。どっちつかずになってしまうのがある意味もっとも勿体ないですよ。